読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっちんく!

山里の小さな町のお嫁さん。高齢出産でまさかの双子出産‼︎ webコーダをやりながら6次産業商品開発・デザインやってます。 双子の「のどまど」との暮らしやカラダに優しい保存食について綴りたいと思います。

フジロックフェスティバル2017

https://www.google.co.jp/amp/amp.natalie.mu/music/news/224031

 

2017年フジロックフェスティバルの出演アーティスト第一弾の発表がありました!

その中に、な、な、な、なんと!

 

グループ魂がぁあああぁあ〜〜〜!!!

 

 

これは、ヤバイ。

良い意味でヤバイ。

 

グループ魂と言えば「そろそろ呼んでよフジロック!」でお馴染みですよね。

「毎年行けないフジロック、その日は嫁と小旅行」も定番です。

ていうか

フジロック呼ばれないアーティスト」の成分で成り立ってたのがグループ魂ですから!←

 

 

 

それが!

それがですよ!!

 

ついにフジロックですよー!!!

 

 

 

ん?

これからフジロックネタってどうなるの??

てか、「帰ってきたぜフジロック」とは言えないよね?

カヲルさんの前説もフジロックバージョン??

コントは入るの?

 

 

これは、行くしかないっしょー!!!

 

 

 

でもなぁ。

去年、10年ぶりに行ったんだけども。

トイレ問題!

ここを考えるとほんっっとうに、憂鬱。10年前に比べると多少解決されてる気はしたんだけども

それでも、やはり入り口付近には男性の立ち小便の列と、尿の川が…

道を流れる(本当に流れてるからね!)尿のアンモニア臭でむせるはえづくは

 

 

あれはダメだよ…。

 

男性用小便器の仮設トイレのそばだよ?

対して並んでない、むしろ並んでないのにどうして立ち小便するの?

尿の川を踏みながら道路脇に立って立ち小便する気がわからない。

フジロックさん、これは取り締まって頂きたいです。

環境によろしくないどころの話じゃないですよ?

 

 

 

と、トイレで憂鬱ではあるけども

今年も行かなきゃ行けなくなったのは確実だし

水曜日のカンパネラが出ると知ったら旦那HANも行くと言い出しそうだし

そうなったらチビたちのお着替え・飲食・トイレ問題も考えなきゃだわ…。

 

子供・マタニティトイレ、比較的空いてたし良さげだったから大丈夫かな?

悪天候だった場合、屋根がある子供・マタニティトイレがあればいいなと思うけど…

フジロックにそれを望むのはちょっと違うかな…。

 

 

 

 

うーん

今年はもう行くことないと思っていただけに

今から準備の事を思うとワクワクドキドキやら胃が痛いやら 笑

しょーーがないから楽しんで準備しましょー!

なんせよ

 

グループ魂フジロック参戦おめでとう!!

 

コメリのもちもちクッションシリーズ

お正月に大きいねえちゃんから買ってもらったシルバニアファミリーで遊ぶちびズ。

部品がとにかく細かくて、5歳になったばかりのちびズでは扱い難いみたいであちこちにポロポロぱらぱら飛ばすから

テーブルをひとつシルバニア専用にして下に芝生を敷いてあげよう❤️と思い、いそいそとコメリまで行ってきました。



コメリ、結構がんばってるよね。

PB商品、とっても良いです!


ガラステーブルなので、角ガードと人工芝50cmを手に取って店内を回ってると…

もちもちクッションシリーズ発見!!

コメリのもちもちクッションシリーズ、気持ちいいよね…。

毎回見かける度に買おうかどうしようかひとしきり悩むんだけど結局買わない日が続いてる。笑

今回もそうだったんだけど…ね

もちもちクッションコーナーからしばらく歩くと…


もちもち抱き枕(うさぎ)の文字を発見!

もう、ね、ビビビッときて思わず駆け寄りましたよ!!

「もちもち抱き枕」ですよ?

しかも「うさぎ」ですよ?

一体どういうことなんだと。

けしからん!と。


すると、そこには結構ピンク色主張の激しい大きなうさぎが陳列されておりました。

ピンクか…。←ちょっと引き気味


さわってみてね!って書いてあるので触ってみると、たしかにもちもち。笑

それも、かなりもちもち。笑笑


もちもち、もちもち、もちもち❤️

あーーー、もちもちがずっと続くー!!!

結構な大きさなので体全体でがっちりホールドすると全体でもちもちを楽しめます。笑


もう、ね、

抱きしめた腕がモモちゃん(商品名らしい)を離せなくなってしまいましたよ←

よく見るとブラウンのモモちゃんもいます。

ブラウンかーーー

シックでいいけど、なんかモモちゃんっぽくない。


モモちゃんっぽくないって言っても、ほんの数分前にモモちゃんと出会ったばっかりなのでそんなにモモちゃんの事を知ってるわけじゃないけども。

モモちゃんって言えばピンクのような気がして。

でも、うさぎなのにモモちゃんってどうなんだろ?

ピンクでモモちゃんと言えばクマだよね?

でも、これはもちもち抱き枕だからピンクのモモちゃんでもいいのか?


ひとしきり悩んだけど結局ピンクのモモちゃんを購入!(衝動買い)




モモちゃん、すごいよ。

柔らかくてあったかくて気持ちいい。

まるでお母さんのおっぱいに包まれてる感じ。←

抱かずに背中に敷いて寝たんだけど大きいから背中から首・頭までホールドしてくれてるし、横向きに寝ても背中にぴったり寄り添ってくれてるからあったかい❤️

昨夜はぐっすり眠ってしまいました( ´ ▽ ` )


f:id:nocchi530:20170109092655j:plain


今もモモちゃんを背中にしてピコピコしてますがめっちゃあったかくて気持ちいい〜

コレ、絶対にお買い得よ!

へたったらイヤだし生産中止になったら困るからもうひとつ買っておこうかと思案中デス⭐️


すごいよーモモちゃん!!

もう離さないから!!!

コメリのもちもちクッションシリーズ


禁煙外来の病院で職員が喫煙

禁煙治療を保険適応する為には敷地内全面禁煙としなければいけないけれど職員が敷地内で喫煙していた事が発覚して2012年からの診療報酬を返還するっていう報道をみて…。

 

 

そもそも、禁煙治療を保険適応するというのがどうなの?と思うんだけど。

そんなの、辞めたい人が負担して治療すればいいんじゃないの?

 

雇う側が職員に喫煙をしないよう指導する云々はあるけど、喫煙者の職員が勤務時間内に一切喫煙できないのは可哀想だと思うし、一部やりすぎ、理不尽だと思うなぁ。

受動喫煙防止法だかなんだかの影響なんだと思うけど、近年あまりにも急に喫煙悪の風潮が高まっているようで。

 

一部の職業に就くと休憩時間を含めて一切喫煙できないってなるなら、もう全部の職業で休憩時間を含む勤務時間内は喫煙禁止にすればいいのにって思うのよね。

いっそ、タバコ自体を法律で禁止すればいいのに。

タバコの産業もタバコからの税金もなくなればいいじゃん。そうしたら健康になるというならそうすればいいのに。

 

喫煙者を犯罪者を見るような目で見てる人を見かけるけど、ほんと背中が凍りそうになるくらいゾッとします。

粒子レベルで汚い物を見てるかのような人、精神状態良くないですよね?

 

 

喫煙者は非喫煙者の目に届かない所で喫煙できるように整えて住み分ければ良いんじゃないでしょうか?

企業が住み分けできる環境を整えれば良いだけではないのでしょうか?

吸う人が吸わなければ良いというのは何か違うと思います。

 

 

こういうことを言うとあーだこーだと言われるんだけど、心底疲れました。

 

 

タバコガーって言ってる職場の人に、毎回言ってやりたい事があるんだけど面と向かって言えないからここで言う。

 

ワタシ、コーヒーもお菓子も好きじゃないんだけど職場でコーヒー飲んだりお菓子食べるのやめてくれないかな…。

特にコーヒー。

匂いが気持ち悪いんだよね。

あの、濡れて生乾きになった雑巾の匂い。

お菓子も、よくわからない香料と油の匂い。

吐き気と頭痛がしてくるんだよ…。

 

ま、こんなこと言っても通じないんだけどね。

通じないんだけど、ワタシにとっては喫煙者もコーヒーを飲む人も同じくくりで同じように誰かに許されながら生きてるんだよね。

通じないんだけど。

超カンタン!すじこのほぐし方。

魚卵大好きさんにとっては嬉しい季節♡

イクラのすじこが店頭でみられるようになってきました(๑´ڡ`๑)

 

「イクラをたっぷり食べたい。でも、すじこを扱うとプチプチ壊してしまう…。」とのお悩みを聞いたのでワタシのかーちゃん直伝『潰れない!すじこのイクラ取り法!』を書いてみたいと思います!

本当に潰れないし筋や悪い卵もキレイに取り除けて食感と風味が豊かに楽しめる方法なので是非試してみて下さい♡

 

---------

f:id:nocchi530:20160924111847j:image

ダッダーン‼︎

スーパーで売ってる普通のすじこです。

富山はすじこ、あんまり安くない…。

仙台にいた時はすんごく安く買えたのにな…(´・_・`)

 

 

お値段とすじこのほぐし易さは無関係なので安心して下さい 笑

どんなすじこでもキレイにほぐせます‼︎

 

まず、ボウルにお湯を用意します。

手を入れて「ちょっと熱めのお風呂」くらいでちょうど良いです◎

「茹だってしまうんじゃ…。」と心配になるかもしれませんが熱めのお風呂くらいなら大丈夫です。

そこにお塩を軽く一握り入れて溶かします。

 

そこまでできたらボウルのお風呂にすじこをIN‼︎

一腹になってる場合はお湯の中で割き、袋に穴があいた所から親指の腹でモミモミしてほぐしていきます。

この時点ですぐにホロホロとほぐれていくのでどんどんほぐしていきましょう‼︎

キレイに筋が取れて行くのがわかると思います。

 

f:id:nocchi530:20160924112645j:image

お湯が濁ってきます。

イクラになっているのがわかるでしょうか?

もはやすじこではないっ‼︎

 

どんどんほぐしたら、一旦ザルに上げます。

これは濁ったお湯を捨てる為なのでイクラは洗わないで下さいね。

お湯を捨てたらもう一度ボウルへとイクラを戻します。

 

次は水道水をボウルに入れます。

すると、水道水にダメになった卵や卵の殻、ほぐれた後の筋が浮いてきます。

お米を研ぐ要領で浮いてきたものだけを上澄みで流していきます。

 

f:id:nocchi530:20160924113152j:image

プカプカ浮いているのがわかるかな?

イクラは白くなっていますが冷蔵庫で冷やすと元どおりのキレイな色に戻るので捨てないで‼︎

卵の殻と筋、しわくちゃになって硬くなった小さな卵だけ捨てましょう。

 

f:id:nocchi530:20160924113348j:image

ホラ、キレイにほぐれたすじこさん。

ちゃんとイクラになりました‼︎

うっすら白いのが心配になるけど大丈夫です。

 

これをラップして冷蔵庫で休ませます。

すると…

 

 

f:id:nocchi530:20160924113519j:image

ちゃんとキラキラしたオレンジ色のイクラに戻りました‼︎

 

ね、大丈夫でしょ〜?

 

 

ここまで来ればお好みで醤油漬けにしたりイクラおろしにしたり、食べ放題です(*´д`)oP

 

 

ワタシはオーソドックスにイクラ丼にしました‼︎

イクラ、どぉ〜〜〜〜〜〜んっ‼︎‼︎‼︎

 

 

f:id:nocchi530:20160924113823j:image

しあわせです。

 

めっちゃカンタンで失敗ナシ、イクラ潰れ率減少の方法なので是非是非お試し下さい。

出来上がったイクラは冷凍保存も出来るので今のシーズンにたくさん仕込んでおくのもGoodです◎

 

上手にできたら聞かせて下さいね〜

それではみなさま、良きすじこライフをお送り下さい♡♡♡

今朝の富山新聞

f:id:nocchi530:20160922100222j:image

f:id:nocchi530:20160922100123j:image

 

テレビだとさっと流れてしまうけど改めて文字で金額を見るとすごいw

これは告発しないとダメだよね…。

ごめんなさいで済む金額じゃないよね(。ŏ_ŏ。)

富山ブラック!

毎日毎日誰かが辞職してる富山の議会。

 

これで市議9人、県議3人?

 

まだまだ増えそう。

 

 

たったあれくらいの金額をくすねるとか

どんだけ「がめつい」んよ。

 

恥ずかしくないのかな

嘘ついて人のお金騙し取るとか。

 

しかもそれ血税だからね?

 

どんなけ苦労して泣く泣く税金納めてると思ってるのよ!

 

誰がうまいこと言ったか

まさに富山ブラックやわ。

立山博物館地獄展行ってみた!

気象庁のホームページが好きです。

今日もあちこち覗いていました。

http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/bulletin/index.html

視覚的にデータ化されているのでわかりやすい!

 

富山県黒部の小規模地震はいまだ続いているようだし

富山市議会も大きく揺れたままおさまりがつかなさそうだし

なにかと話題の多い富山県です(´•ω•`)

 

ところで、今日は立山博物館の特別展を観覧してきましたん。

今年は地獄にフィーチャーした地獄一色の企画展!

夏は地獄カフェなんかもやってたみたいで。

 

富山県といえば立山立山といえば立山禅定、立山禅定といえば立山地獄〜♡

言うことキカン子真っ只中の4歳児を連れてしっかり地獄教育してきました。

 

f:id:nocchi530:20160919224333j:image

 

かーちゃんが小さい頃は何かにつけ「嘘ついたらエンマ様に舌抜かれるでぇ〜」と言われたもんだけど

この頃の子供ときたら年寄りは奴隷、親は小間使いくらいにしか思ってないもんだからちょっとやそっと怒った所で全くキカン!

 

いい加減シビレを切らしていたんだけど「これはきっと、畏怖の念を感じるものがないからだ。」という結論に達しましてねぇ…。

ほら、よく言うじゃないですか?

お天道様が見てるよ!とか。

それですよ。

「よくわからないけど悪い事をしたら親よりももっと怖い何かが怒ってよくない事が起こる!」

っていうお性根といいますか、そういうのが必要だと思ったんです。

 

あまりにも強く植え付けすぎるとカルト宗教みたいになってしまうので、そこはまぁ、適当ですけど。笑

 

まず、立山博物館の常設展示コーナーをチョロチョロします。

立山のブナ林について学芸員のお姉さんが丁寧に説明してくれて、林の中の鳥たちやクマ、たぬきを見つけてちびズもキャッキャ♡

安政の大地震や洪水なんかの展示を見たり聴いたり満喫して次の階へ行くと明らかに様子が違う…。

 

暗い入り口に修験者の衣装が…チンと。

それを見てちびズは「ぎゃあああ」ってパニック起こしてひとりは逆走して走り出し、ひとりは足にしがみついて小刻みに震えてる…。

慌てて逃げた方を捕まえて、震えるもうひとりの手を引いて「かーちゃんがいるから!大丈夫だから!」と展示室内へ連れて行く←

「いやあああ…こわいいい〜」と鬼の形相のちびズ。

あんたの顔の方が怖いよ…?

修験者の衣装を見せながら「おうちから見えるトゲトゲのお山あるよね?昔むかし、そこのお山をこの格好で登ってお祈りしていたおっちゃんがいたんだよ。」と、超絶テキトーな解説を始めるとちびズもだんだん落ち着いてきた。

 

地獄のミニコーナーでは再びブルブル震えてたふたりだけど、これもゆっくりと絵を見せながら「エンマ様の所に行くと、良い子してないのに良い子していましたって言っても、ここの鏡にのどかとまどかの姿が映って嘘をついているかどうかわかるんだよ。嘘をついても、この首のお人形が『嘘だよー嘘だよー!ほんとはお片づけしなかったよ!』って教えるんだよー」と、これまた超絶テキトーな解説をしているうちに「じゃあこれは?」「血の所でギリギリされて痛いよね?」「火が熱いよね?鬼が怖いよね?」と次第に興味を持って見るようになってきました。

 

かーちゃん、やったね!

 

さてさて。

そうこうして本丸の地獄展へ。

 

これまた最初はぎゃー‼︎と逃げそうになったけど入り口でキュートな閻魔帳♡をもらったら少しゴキゲンに。笑

 

f:id:nocchi530:20160919224418j:image

閻魔帳、かわいい♡

 

中に入ると文字通りの地獄絵図が壁一面にびっしり‼︎

ここで気が付いたのかまどかさん「かーちゃん、おっちゃんが鬼さんに血でギリギリされてるね。」と。

するとのどかさんも「あっ!ここに女の人がおる!おっちゃんが女の人の側で血が出とるよ?嘘ついたから?」と。

だいぶ地獄に興味を持ってきた所で学芸員さんによる地獄絵図の解説がはじまりました。

 

団体さんの大人向け解説だったのでどれくらい理解しているのかと思っていたけど、その後に展示を見て回っていると「エンマ様」が「エンマ大王様」になっていたのである程度興味を持って聴いていたらしい。すごいなー‼︎

展示室も凝っていて、わざわざ暗い道を通って過去から現世にワープするかのような演出が施されていて

ここでもかーちゃんは大きな顔をして「大丈夫!かーちゃんがいるから!」とちびズを守るよアピール全開。

たった1時間でずいぶんと株が上がった気がします←

現世に出ると、そこは曼荼羅の世界だったのだけど、再度復習をしてからロビーで地獄に関する絵本を読んで立山博物館を後にしました。

 

車に戻ると安心したのか「何か飲みたい。」とおっしゃるちびズ。

おりこうにたくさん勉強したのでご褒美のジュースを渡してやると…

キャー!ギャー!ビーー!といつもの大絶叫が始まり…。

 

おいおいおいおい、エンマ様、効いてないし…。

良い子してないとエンマ様がおしおきさるって今見たばかり…。

 

さすがの4歳児、エンマ様も太刀打ちできんのか?と思った所でひらめいた‼︎

雨だったので少し車を移動させ、着いた所は閻魔堂w

ちびズは「なにー?温泉ー??」とか呑気な事を言ってたけど、黙ってそのまま連れてった。

 

閻魔堂の前まで来て、雨戸と網戸を開けると賽銭箱があり、中は真っ暗。

ちびズも「えー、なにここー?かみさまの所?」とか言ってる。

ここでかーちゃん、「よおーく、中の方を見てみ…?」

のどまど「???」(中をじぃ〜〜。

まどか「ヒィッ!(後ずさり」

のどか「???」

まどか「ちーちゃん、ちーちゃん、おる!」

のどか「ひぃぃぃ…かーちゃん‼︎こーわーいー‼︎」

 

「あんたらなぁ、エンマ様やらおらんと思ってるやろ?ちゃんとおるんやで。中に入って怒ってもらおか?」

のどまど「いやあああああ…‼︎」

「ほんなら、ここでちゃんとエンマ様とお約束しよっか?エンマ様は良い子には優しいで。けど、お約束を守れんかったら…」

まどか「舌ぬかれる。」

のどか「舌ぬかれる。」

「そやな、ほんなら、ちゃんとお約束する?」

まどか「(パンパンしてからしっかりと手を合わせて)とーちゃんとかーちゃんの言うことききます。お片づけもします。グニャグニャしません。」

のどか「(パンパンして手を合わせて)お片付けします。言うことききます。左手で持ちます。」

 

…だいぶ長い間あたまを下げてお祈りしていました笑

 

のどかの「左手で持ちます」はお茶碗の事なんだろうけど、気にしていたんだなぁ…。かーちゃんも普段ちょっと言い過ぎだったのかな。反省。

 

「ほら、エンマ様はここにいても鏡とお人形さんでいつものどかとまどかの事を見て守ってくれているからね。大丈夫だよ。」と声をかけると「ちゃんとお約束した。」「ちゃんと言うこときく。」と、なんか二人とも少ししっかりとした顔になってました。

 

エンマさま、ありがとうございます。

頼りすぎないように頼りにさせて頂き子育てにまい進致しますw

 

閻魔堂を出ると二人はめいめいに「木のおばあちゃんのお神サンもおったなー。(おんばさまのこと)」「ちゃんとお約束したけん、いーちゃんとちーちゃんは嘘つかない!」と話しながらいつの間にか眠ってしまいました。

うん、疲れたんだよね。

怖かったよね。

帰りはとーちゃんと合流して、立山国際ホテルの温泉に入ってきました。

温泉に入ってだいぶリフレッシュしたのかちびズも落ち着いていましたが

それからの車内ではこれまでと打って変わりとてもとてもおりこうに過ごしていました。

 

 

うちはおじいちゃんもおばあちゃんもいない世帯だからこういう事を教えてくれる人がいないんだけど、目に見えない自分の気持ちをコントロールして大切にするということが自然と身につくこういう田舎は  本当にありがたい土地柄だなぁと感じた1日でした。

 

 

 

お遍路、逆打ち。

いましがた、ビビットで「八十八箇所のお遍路寺で賽銭泥棒が増えている」ってやってた。

今年は丙申のうるう年で、ご利益か5倍になるチャンス‼︎と。

しかも丙申のうるう年は60年に1回となー♪( ´▽`)

 

お遍路でうるう年に逆打ちするとご利益が倍になる、なんてことは四国ではよく聞くんだけど

ご利益が3倍〜とか丙申のうるう年は5倍〜というのはちょっと言い過ぎなんじゃ?と思ってしまう。

確かに、伝承としてそういう話はあるし、こういう逸話がお遍路巡りをするきっかけになるのは良い事なのかもしれないけど…。

 

と言いながら、自分も「あー、そうかー。そういやあ丙申のうるう年だったな。ちびズを1ヶ月くらい休ませて帰ってこようかなー。」なんて思ったりしてみてw

 

お遍路巡り、実は20年ほど前に逆打ちでやっていた事があってその時の納経帳がまだ手元にあります(^_^;)

車お遍路だったのだけど、1日で回れるお寺は意外と少なくて、三角寺や横峯寺では四苦八苦した記憶があります。

当時2歳半と1歳半だった上の娘たちを連れて境内までの険しい山道を登るんだけど、弱音も吐かずずっとついてきた子供たちは強かったなぁ。

 

末のちびズは…ついてこれるのかしら?笑

 

うん、なんか楽しそうだし。

お遍路、行きたいなぁ。

季節的にも丁度良いし来月1ヶ月かけて…。

 

どうかな。

梅干し 2016

今年は申年。

申年の梅は薬になるということで去年に続いて再チャレンジしてみた。

 

我が家には「漬けた梅干しが100年持つような塩からい梅干しになったら天寿を迎える」という不吉な伝承があり、母からは「梅干しは絶対に漬けるな‼︎必ず買え‼︎」と言われていたのだけど

歳のせいか暇なせいか保存食に凝り始めたせいか(笑)もう漬けたい欲求に勝てなくなり去年はじめて自分で漬けてみたんだよね。

 

でも、去年は土用干し最終日に農薬の空中散布に遭い、全滅。

泣くに泣けない状況で諦めたので今年は念には念を入れて守り通した‼︎

 

梅は福井若狭まで買いに出かけ、1kg600yenで10kg。

 

f:id:nocchi530:20160918200026j:image

和歌山紀州梅のもとになったと言われる福井梅。

これは紅映という品種。肉厚で種が小さいのが特徴らしい。

赤みがさしておいしそう‼︎ そして安い‼︎

 

塩は瀬戸内海の無精製粗塩で、梅の分量20%で。

これはとーちゃんが「昔ながらの酸っぱい梅が食べたい‼︎」と言うので白酢を上げる時点で12%から20%に増やしたんだよね…。

梅干しの効能であるクエン酸は塩分がないと増えないらしく、また、塩分が高ければ高いほど保存性も良いし、低塩分がよければ湯のみにお湯をさして3時間ほどおけば8%ほどまで塩分を下げる事ができてクエン酸はそのままということだったので20%でも良いかなってことで。

 

f:id:nocchi530:20160918200220j:image

竹串でホシを取ってひとつずつリカーで洗い、ホシの部分に塩を詰めていきます( ^ω^ )

塩は梅の20%分を計量しておいてその中から使います。

そうやって作っている事を福井の梅農家さんに言うと「そこまでせんでも〜(笑)ほら、絶対大丈夫やわ〜(笑)」と笑われました。あはは

 

ひとつひとつ、洗って塩を詰めて、樽に並べる。

底の方は塩をせずに並べて、上の方まで段が上がってきたら塩を打ちます。

あっ、梅は水に浸けたりしないでね。

完熟梅はアク抜き不要。

水に浸けたら腐るからね〜♡

 そうして、出来上がりがこんな感じ。

 

f:id:nocchi530:20160918201015j:image

ちょっとピンボケ。

 

梅の倍量の重石をつけて2〜3日もすると白酢が上がってきます。

白酢が上がったらあとは梅が全部白酢に浸かるくらいの重石で良いのではずします。

そうじゃないと梅がつぶれたり破れたりするそうな。。。

 

f:id:nocchi530:20160918201222j:image

しっかりと梅が全部浸かっているかよーく確認しておきます。私は少し揺すって中に溜まっている空気を上にあげておきました。甘い香りがしてとっても幸せ〜‼︎

 

f:id:nocchi530:20160918201451j:image

漬物袋を2重にしていたんだけどなぜか漏れたので1重に…。

 

f:id:nocchi530:20160918201650j:image

白酢が上がったら赤紫蘇を準備。

とーちゃんが「えげつないほど真っ赤っかの梅干しがいい‼︎」と言うので…(^_^;)

4kgの赤紫蘇を用意しました。

色はイマイチ?だけど地元で無農薬野菜を作っているおばあちゃんの赤紫蘇なので安心して使えるしね★

全部むしれたら水をざんざん流しながらゴシゴシ洗って汚れをとります。かなりホコリが付いているので気合い入れて!

 

f:id:nocchi530:20160918202057j:image

赤紫蘇のアクです。あわあわ…。

 

梅の分量20%とは別の塩を赤紫蘇の10%ほど準備しまーす。

その10%の塩を半分使って赤紫蘇をモミモミ。絞って絞って絞って、残りの塩を振り入れてモミモミ。

かなりギュウギュウ揉んで大丈夫!

むしろ洗濯板で洗うかのようにギュウギュウしなきゃダメな気がします。

 

揉み終えたらすぐに白酢を足して発色させます。

めっちゃキレイな紫色‼︎

 

f:id:nocchi530:20160918202914j:image

その頃の白漬けはこんな感じ。漬け始めて1週間くらいかな? 白酢が上がれば赤紫蘇はいつ入れてもいいし入れずに白干しにしても良いようです。

私は減塩の白干しが好きなんだけど…どんどん遠ざかって行く〜笑

 

 

 

 

 

f:id:nocchi530:20160918203221j:image

塩分20%なので難なく土用干しまで来てしまいました。赤紫蘇を入れてからちょうど1ヶ月くらいです。

赤紫蘇を入れてからも時折揺すって赤梅酢を行き渡らせたり空気を抜いたりしていたけどそれ以外はなーんにもしとりません。

 

f:id:nocchi530:20160918203537j:image

かわいい梅漬けができたので干す前に少し食べてみました。

干さなくてそのままの場合、梅漬けとして保存できるようです。

天候不良が続く年もあるだろうからそれもアリですが酸っぱいわしょっぱいわ…笑えました。ハハハ笑

 

f:id:nocchi530:20160918203944j:image

f:id:nocchi530:20160918204000j:image

土用干し1日目。

色むらもあるけど概ね色付いてキレイです。ひとつひとつ並べて干して、赤紫蘇も絞って干して。赤酢も一緒におひさまに当てます。

 

f:id:nocchi530:20160918204312j:image

太陽に当たるとポタポタしてきて気持ちいいです。

途中、何度か裏返しながら干しますがどんどん水分が抜けてふんわり柔らかくなっていきます。

破けたものを味見してみると梅漬けに比べてしっかりと梅干しの味‼︎  

やはり干すのは干す意味があるんだわ‼︎

朝一番から15時くらいまで干して1日目終了。赤酢に戻して取り込み翌日に備えます。

 

f:id:nocchi530:20160918204510j:image

f:id:nocchi530:20160918204549j:image

f:id:nocchi530:20160918204713j:image

2日目も同じように朝一番から干して15時くらいに取り込み、最終日3日目。

どんどん水分が抜け、色も赤みが強くなってきてすっかり梅干し‼︎

揉みながらひっくり返して、昼頃にちょうど良い感じになったので網ごと取り込んで熱をとりました。

 

この網、近所のおばあちゃんが「梅干しするのにくっつかない!」と大絶賛していたので購入してみたんだけど本当に全くくっつかなくて、梅の破れは10kg中10個ほどで済みました‼︎

2Lの梅を10kg干して2枚でちょうどくらいでした。

おばあちゃん、良いの教えてくれて本当にありがとー!

ちなみに1枚1400yenほどでした。

 

f:id:nocchi530:20160918205955j:image

f:id:nocchi530:20160918210455j:image

f:id:nocchi530:20160918210023j:image

待望の瓶詰め♡♡

 

瓶代金だけで10000yenも使ってしまいました…笑  ※とーちゃんにはナイショです。

こうしてお気に入りの瓶に詰めるとかわいさが増し増しになりますなぁ♡

あちこちにおすそ分けする用と自宅用に分けたら10kg漬けただけでは全く足りないという事に気がつきました…。

 

来年は倍量の20kg漬けるかな〜。

干す時に腰が壊れそうだけど…。

楽しいし、まあいっか〜♡笑

梅干し、漬けてみたいけど怖いな〜って思ってる人!

面白いし、自分で漬けた梅干しはかわいさ倍増なのでぜひ漬けてみて下さい。

減塩にこだわっていた私ですが出来上がってみるとほんと〜〜にちょうど良い塩梅でクセになってしまいました!

 

梅干し、やっぱサイコーです♡♡♡

 

 

 

来年のおぼえがき。

 

梅  福井紅映 1kg600yen×10kg

塩  1kg450yen×2袋

赤紫蘇  1束250yen×5束

ガソリン・高速道路  往復9000yen

干し網  1枚1400yen×2枚

保存瓶  10000yenちょい

 

うーん、怖くて計算できない 笑

黒部渓谷、小規模地震300回

8月末から黒部渓谷付近で小規模地震が300回以上起こってると今日の北日本新聞に掲載されてましたね。

 

富山県は過去に水害で悩まされた事が多かったらしいけど地震や台風には縁遠い土地らしく、とある役場の人が言うには「大地震やら来たら、どうしたら良いかわからない。マニュアルもないし、何から始めればいいかもわからない。」ような状態らしいから…もしも大地震が来て命が残っていれば、取るものとりあえず富山を脱出しようと思っています。。

 

マニュアルがないなんて、む…むりだ…(*_*)

 

ワタシは南海地震が来る!と言われて子供の頃から育ったので、ベッドルームに捨てて良い靴を置いているんだけど

それを富山の人に言うと「へー。うちはなんもしとらんなー。」と言われます。

非常食も、「へー。買ったこともないし考えた事もない…。」と。笑

富山は海・山・水に恵まれた土地だから、ハッキリ言って「どうにでもなるw」という意識が強いんでしょうな。

 

なんでもあるのは良い事だけど、想像力を働かせて備えておく事は必要だと思います…。

 

 

我が家も今から避難用品を見直しておきます(´・_・`)

 

http://webun.jp/item/7310650

君の名は。ロケ地廻り4本立て

君の名は。ロケ地廻り4本立てで書きましたが

現在ネット環境がない為にリンクが貼れません(ー ー;)

 

落ち着いたらリンクしますので君の名は。ファンの方、ぜひ読んでみて下さい♡

 

なお、飛驒市へのアクセスは

 

名古屋からワイドビューひだに乗ればあっという間、新宿から高速バスで奥飛騨温泉郷平湯ターミナルまで、平湯ターミナルからバスで飛驒高山へ、飛驒高山から在来線でお越しが便利かと思います。

他の地方都市から飛驒高山への高速バスがあるかもしれませんがリサーチしてないです♡

君の名は。ロケ地廻りしてきたよ!其の四

ええ、これでラストスパート‼︎

ロケ地はあってもネタバレはありません。

ネタバレはありませんが映画のヒントがさりげなーーく書かれていますのでどうぞお見逃しなく。

 

もしかするともしかして、まさかのこの回が一番のヒントかもしれません。

 

f:id:nocchi530:20160917005447j:image

飛騨古川、古い街並み。

看板はずっと見てたし、瀬戸川もずっと見てたけど立ち寄らなかった場所。

嗚呼、こんなに素敵なんだ。

 

でも皆さん、実は混同しがちな飛騨高山は飛騨市にはありませんw

飛騨高山は飛騨市のお隣の高山市

ご存知奥飛騨温泉郷市町村合併で何故か高山市に吸収されてしまいましたん。。

 

ま、飛騨国って括りで。

 

ちなみに飛騨市は正式には「飛驒市」。

ワタシも住所を書くとき全て「飛驒市」で書いていました。

飛驒市には古川、神岡、宮川、河合という町がありますがそれぞれを飛驒神岡、飛驒古川と呼びます。

 

f:id:nocchi530:20160917010207j:image

こんな消火栓、都会にはもうないですよね。

 

f:id:nocchi530:20160917010247j:image

「あんみつ」の幟が一足早い秋風に揺れていて気持ち良さそうです。

おしるこぜんざいもありそう。

 

f:id:nocchi530:20160917010405j:image

グレーチングが凝っていて、蓋マニアにはたまりませんw

 

f:id:nocchi530:20160917010430j:image

すると、絵馬屋さんを発見‼︎

 

f:id:nocchi530:20160917010515j:image

店内に入ると大きな絵馬がお出迎えしてくれます。

 

f:id:nocchi530:20160917010611j:image

飛驒地方では(飛驒の説明が終わったのでこの表記で。)玄関に紙に書いたお馬さんの絵を飾っています。

このお馬さんは神さんの使者とも化身ともされる神聖な動物として大切にされてました。

それだけでなく、生活を守ってくれる大切な存在。飛驒の家は玄関の中に必ず馬屋(まや)を置き、家族以上に大事に扱ってたんです。

 

その昔は神社に生きた馬を奉納して家内安全や豊作を祈願していましたがそれが紙に書いたお馬さんへと変化していき、今は幸運を運んでくれる縁起物として馬屋の位置にこの絵馬を飾る習慣がついたわけです。

 

絵馬にはルールがあって、必ず家の中に向かってお馬さんが入ってくるように飾ります。

なので、家によって右向きのお馬さんなのか、左向きのお馬さんなのかはかわってきます。

幸運を運んでくれるお馬さんが玄関の外に出てしまったら意味がないですよね?

ということで、そこは慎重に間違えないように選びます。

 

我が家の飛驒の家は時期が来ると絵馬屋さんが自宅まで御用聞きに来てくれていました。

嫁いで初めて絵馬屋さんが来た時、いきなり「2500yenです。」と言われて悪徳訪問販売と勘違いをして(笑い話)姑さんの所にすっ飛んで行きえらい恥ずかしい思いをした経験がありますwww

今は御用聞きさんが来ないので、できる限り一年に一度飛驒を訪れては絵馬に◯◯氏と入れてもらい(苗字)縁起を担いでいます。

 

 

で。

 

こちらの絵馬屋さんは以前は起こし太鼓会館の中でやっていたそうなのですが、本当につい先日移転オープンしたばかりだそうでまだお花が飾られていました。

飛驒の一般的な家にある大きな紙ピラの絵馬もあるけど、いまどきの家にも合うオリジナルな、でもきちんと形式に則った絵馬やTシャツも置いてあります。

 

個人的にはお馬さんが九頭描かれた「馬九行く」の掛け軸が欲しかったですが今回はコンパクトな絵馬を選んで購入してきました(*´д`)o

飛驒を訪れたら是非、この伝統的な絵馬をお家に連れて帰ってあげて下さい。

 

さて、長くなった。

…分けずに行くよ!あと少し!

 

f:id:nocchi530:20160917012708j:image

つくばいかしら。

かわいい。

 なんて思っていたらあっという間にスタート地点に着。

 

f:id:nocchi530:20160917012738j:image

起こし太鼓があります。

 

f:id:nocchi530:20160917012823j:image

こちら、100yenの浄財で祈念しながら叩く事ができます。

二礼、二拍手、一礼。

太鼓の前に行って櫓の上に立ち、バチを取って念じます(ここが大事らしい)。

さて、大きく息を吸って念じながら間をおいて2〜3回。

(本当にそう書いてあるw)

 

とおおおおーん!とおおおおーん!とおおおおおおーん!!!

 

結構気持ち良いです。

良い祈念ができました。

 

f:id:nocchi530:20160917013320j:image

 

さて、これで最後です。

 

大洞呉服店さんにテレビクルーが入っていました。

テレビクルー、ほんとにたくさん来ていました。

 

f:id:nocchi530:20160917013429j:image

 

今度、ゆっくり来ましょう。

 

 

さて、長々と書きましたがいかがでしたでしょうか?

少しは飛驒古川の気分を味わってもらえたなら嬉しいです( ^ω^ )

 

飛驒古川は、ああ野麦峠で有名な養蚕の工女さんたちが宮川や河合から集まってきて集団で雪の野麦峠を越える前の最後の宿場町でもあったそうです。

野麦峠で亡くなった工女さんは「お兄ちゃん、ああ、飛驒が、飛驒が見える」と言って生き絶えたそうですが、その彼女にもこの飛驒古川の町が見えていたのかもしれません。

 

 

追記

 

f:id:nocchi530:20160917013950j:image

 

f:id:nocchi530:20160917013902j:image

帰りにはお約束のように宮川そばを食べ、平湯温泉ではんたいたまごをつまみ、最後は流葉温泉で汗を流して帰ってきました。

 

f:id:nocchi530:20160917014100j:image

君の名は。ロケ地廻りしてきたよ!其の参

後藤酒店のはにかみ屋さんおかーさん、飛騨娘を「甘いよ?」と言ったワタシに合わせて「うん、甘いっ!」と顔をしかめてらっしゃいましたので結構イケる口なんだと睨んでおりますw

この飛騨娘、甘い甘いと言いますが言い換えればフルーティ。

女性でもクイッと粋にいけちゃいます。

日本酒苦手な女性に是非試して頂きたい、冷やしても常温でもぬる燗でもどれでも美味しいお米のワインです( ^ω^ )

 

飛騨の酒と言えば飛騨娘‼︎

大坪酒造の飛騨娘‼︎

ワタシのイチオシですー。

 

さて、君の名は。廻りに戻るよー‼︎

 

f:id:nocchi530:20160917003024j:image

酒屋さんを出たらお次は酒蔵さんです。

飛騨の酒蔵はどこも東北から杜氏さんが来るのですが、もれなく渡辺酒造さんもそのひとつ。

蓬莱(ホウライ)で有名ですねー。

お近くの酒店で見かけた方もいらっしゃるのではないかしら。

 

f:id:nocchi530:20160917003338j:image

お店の側に杜氏さんの像が立っています。

こちらもポケストップになっていました←まだやってた

 

f:id:nocchi530:20160917003525j:image

どんどん歩くとこんな味わいのあるお店にも会えます。

 

f:id:nocchi530:20160917003609j:image

とすると、見えてきたのは白真弓でおなじみの蒲酒造さん。

はー、この大きな杉玉が掛け替えられる頃は酒蔵さんもひと段落なんだろうなと感慨深いです。

 

素敵。

 

f:id:nocchi530:20160917004040j:image

飛騨と言えばさるぼぼ。

これは赤ちゃんの成長のお守り。

お腹の中に宿った時から飛騨のママはちくちくさるぼぼを縫ったそうです。

表情がないのは赤ちゃんがおもちゃにした時にどんな表情にでも見えるようにだそうで、生まれる前から生まれた後の成長の時もママが縫ったさるぼぼが子守をしてくれるという愛のエピソードを持ったぬいぐるみなのです。

 

f:id:nocchi530:20160917004416j:image

 お、ついに瀬戸川にやってきました!

 

f:id:nocchi530:20160917004455j:image

いやぁ〜、キレイですなぁ。。。

 

なんでまた、これを通り過ぎるだけで一度も歩こうとしなかったんだろうか…。

いや、今日が時だったのかもしれない!

今日の時の為に、これまで来なかったのかもしれない!

 

f:id:nocchi530:20160917004647j:image

めっちゃデッカイ鯉が泳いでて、しかも人懐っこい‼︎

鯉までもが観光客ウェルカムなのか‼︎

仕事してるって感じがして好感度アップ‼︎

まったく、どっかの動物園のやる気ないクマやトラにウロコの垢を飲ませてやりたいよ…と思ってたら

 

観光客が100yenで購入できるエサ箱が設置されてました

 

そりゃそうだよなぁ。

そうじゃないとあんなにデッカクならないよな…。

 

f:id:nocchi530:20160917005013j:image

ということで、ここでもモンスターボールをゲットして折り返して歩くよ‼︎

 

あっ…

 

ブログも折り返して続きまーす…。

君の名は。ロケ地廻りしてきたよ!其の弐

岡田屋さんでみだらしと五平餅をほおばり、お次はおかずのコロッケを…と思ったら思わぬ臨時休業‼︎

 

これはきっと、あれだ

週末からはじまる「君の名は。パネル展」で殺到すると予想されるお客様へのサービス対応の為に仕込みをしているに違いない。そうだ。きっとそうだ。

なら仕方あるまいw

 

f:id:nocchi530:20160917000115j:image

気を取り直して歩いてると、飲食店の傍にウォーターサーバーが置いてあって「ご自由に。」との事。

喫煙スペースなんかも用意されています。ここが田舎の良い所ですなー。

分煙!禁煙!なんて殺伐としてない。

 

吸う人も吸わない人も心の余裕を持って緩やかに時を楽しみませう。

 

f:id:nocchi530:20160917000416j:image

隠れ家っぽいカフェの入り口。

素敵だわー(๑´ڡ`๑)

 

と、ここでまさかの道間違い。

次の予定もあったのでサクッと瀬戸川に向かうつもりが思わず白虎台の方まで歩いてましたん。。。

だって、あまりに素敵な街並みなんで吸い寄せられてしまいましたの。。

 

そうそう。

家の軒先でお野菜を売ってたりして、飛騨の伝統野菜のスクナカボチャが400yenで売られとりました‼︎

コレ、普通に買うと800yenから1000yenするやつです。

まあ、本当は上宝とかそっちの方が名産地なんでオマケ価格なのかもしれませんが。それにしても良心的。

 

※ここで町民のおばさまに道を教えてもらって回れ右。おばさま、わざわざ立ち止まってもらったのに「ようきてくれたね〜」と手を振って見送ってくれました。

観光客ウェルカムな素敵な町だわ、ほんと。

 

f:id:nocchi530:20160917001128j:image

そうして本来目指してたルートへ合流。

とゆうても、わずか10分のロスなのにその間にいくつかの思い出がもらえてホクホク気味。

 

f:id:nocchi530:20160917001304j:image

なにやら味のある酒屋さん発見。

多分、いつかテレビで見た事ある。

友人N「友達来るから酒買おうw」

 

f:id:nocchi530:20160917001356j:image

 奥からデッカイ天狗さんがお出迎え。

 

友人N「どれがいいかな?」

ワタシ「ワタシは飛騨娘が好き。一升五合呑めるw」

友人N「どんだけw」

ワタシ「でも、甘いよ?」

友人N「ああ、そりゃダメだw」

ワタシ「なら、神代。飛騨古川なら蓬莱か白真弓だけどワタシは神代w」

友人N「どこの酒?」

ワタシ「飛騨神岡www」

友人N「なら、仕方がないw」

 

一升瓶お買い上げして旅のお供が増えました。

 

f:id:nocchi530:20160917001815j:image

お会計を待っていると、店内のそこかしこに版画や版板が飾られてて。

 ワタシ、趣味のひとつに版画がありますのん。

 

f:id:nocchi530:20160917001946j:image

お店のおかーさんに「すごい版画ですねー!どなたのご趣味ですか?ワタシも趣味のひとつにしていて…」と尋ねると、「主人の趣味で…。」とはにかみながら。

 

f:id:nocchi530:20160917002116j:image

「三年前に亡くなったんですけどね。」

 

はあああああああああ。

ワタシが住んでいた頃はまだご健在だったんだ…。

なんとも、お目にかかれなかったのが残念です。

快く写真を撮らせてくださってありがとうございました。

 

 

あーっ、もう、ちっとも進まないからもう一つ分けるよっ