のっちんく!

山里の小さな町のお嫁さん。高齢出産でまさかの双子出産‼︎ webコーダをやりながら6次産業商品開発・デザインやってます。 双子の「のどまど」との暮らしやカラダに優しい保存食について綴りたいと思います。

はじめての胃カメラ 前夜

かーちゃん、明日は43歳にしてはじめての胃カメラです。。。





ここのところ動悸や胸の辺りの痛み、呼吸がしにくいなどなど

気になる事がたくさんあって念のために病院へ向かいました。

交通事故で高次脳機能障害を持っているので不定愁訴は日常なのだけど

内科的なもので病院にかかることは滅多にないのでそれだけで不安でした 笑





気になる箇所が肩に近い胸部なので循環器内科を探していたら、

うちのすぐそばに透析も行っている内科を発見‼︎ これだ‼︎

実は、1年くらい前からすごぉ〜く頻尿…。

ついでにそれも相談しちゃえ★

 

 

 

ってことで、行ってきました。

 

 

お盆明けの病院は混んでいて1時間待って診察室へ。

どうされましたか〜からはじまって、ここが〜そこが〜と説明。

そうするうちに、そういえばここも、ここも、これも気になる〜笑

 

甲状腺機能亢進症の検査も3年してないしっ

お盆中からじんましんも出てたんだったしっ

って、次々と話してたら先生も苦笑いして

「とりあえず、いっぺんに検査できないし一からだから大事な所を先にしましょうか!」

と、話をちょんぎり…笑

ごめんなさい、滅多に来れないんで不節制が蓄積。。

 

 

 

 

ひとまず心電図と胸部レントゲン、採血。
心電図、子供の頃から言われ続けてた洞性不整脈は出てなかった★
胸部レントゲンは…肺気胸の痕跡を見つけられてツッコミ有り。
もう20年も前のだよ〜〜許して〜〜〜。
どうして動悸がするのか、胸が痛いのかはこれだけでは診断できないとのことで
「胃は大丈夫なの?食欲が変わったとか、もたれるとかはないの?」の質問に
「ご飯は美味しいしもたれないし、お酒も美味しいし〜…。検査したことないけど。」と返答したら
胃カメラは?」と、先生。




母「はい、子育てしながら在宅ワークだったから健康診断もしたことがないです。。」




先生、ぽかーん。







 

先生「どうする?」、と。




まあ、こうなったら検査してもらいますよね?この流れなら。笑







そういうわけで、胃カメラとなりました。



先生「あーっ、いっぱい検査あるなー!いっぺんにできないしなー。。うー、いいや!土曜日にしちゃえ!します!土曜日にします! 僕忙しいけど、入れちゃいます。はい、入れました!」




先生、ブツブツ言ってるのが面白い。笑







うーん、はじめての胃カメラ…。

苦しいって言うよねぇ?

だから、先生に聞いてみました。




母「先生、ちなみに鼻からですか?口からですか?」




先生「口からです!でも、大丈夫です!幼稚園児でもやりますから。全麻もないですよー」







聞く前に先に言われたー\(^o^)/

けど、細い方のカメラでやってくれるようです。







で、診察を終えて部屋を出ようとしたら「がんばろう!がんばろう!」と励ましてくれました。

先生、かわいい。笑

カルテを持って検査室へ戻ると看護師さんが「あれ?終わったんじゃないの?」というのでカルテを差し出すと

「(ペラペラ…)あーっ!胃カメラまで! (もう1人の看護師さんに向かって)胃カメラ入りましたー!」だって。。

ラーメン屋さんですか 笑笑

 

 

その後、説明を受けて帰宅。

・前日は夜9時以降の飲食は禁止

・当日は洗浄用の烏龍茶を1本持参

・当日の飲食は禁止

………烏龍茶?








胃カメラを飲む前に烏龍茶を飲んで胃を洗浄するらしいです。

おどろきっ!






帰宅した後に県外に住む次女(看護師)にLINEで

「かーちゃん胃カメラするよ!」と伝えると「えーっ。いやだ。私絶対いやだ。(超怖がり)」と返事が返ってきました。






看護師さんがいやだとか言わないでもっと励ましてよ 笑

そんなわけで胃カメラデビュー前夜!

好物のお酒もガマンし、飲食も控えておりこうさんにしています。。。

嬉しいような、ドキドキするような。

不思議と怖くはないんだけど明日はどうなることやら。

 

 

ナースのための やさしくわかる内視鏡検査・治療・ケア

ナースのための やさしくわかる内視鏡検査・治療・ケア